断食 一週間

自宅でできる一週間断食の方法や回復食のメニューなどを紹介

*

断食でがんは治るのか?

      2016/11/22

免疫力が高まる、活性酸素を減らす
高血圧が正常値になった
糖尿病が治った

など、
断食推奨本や実践した人からの報告を目にしますが
がんについてはどうなのでしょうか。

断食でがんは治るのか

医療機関で断食を行っていることで報道されている
ロシアのゴリャチンスク病院では
断食で改善の効果がない病気のひとつとして
がんを挙げています。

しかしながら、
アメリカ、カリフォルニア大学バークレー校のマーク・ヘラースタイン博士が
断食により、細胞に抗がん効果が得られる
ことをネズミの実験で証明したという記述がみられますので
全く効果がないというわけでもなさそうです。

また、
ケトン食の研究においては、ガンに効果があるようですので、
断食をするとブドウ糖の代替品として体内でケトン体が作られることから
断食と抗ガンについて無関係とも言い切れないでしょう。

現に、1985年、ニューヨーク、マウントサイナイ医大のグロス教授の研究によると、
満腹にしたネズミと腹五分程度の空腹ネズミに同量の放射線を照射するという実験において、
前者が100%発ガンしたのに対し、空腹ネズミの発ガン率はわずか0.7%であったという
結果が発表されています。

スポンサードリンク

断食とがんのメカニズム

断食とがんのメカニズムについて、簡便にまとめますと

断食をすると体細胞の分裂速度が遅くなる

細胞分裂が遅くなると、ガン発生の危険性を減らすことができる

ということが挙げられます。
また、

断食をすると体内のブドウ糖が減少する

ガン細胞はブドウ糖に対する依存度が正常細胞に比べて数十倍と非常に高いため、
ブドウ糖不足によりがん細胞が減少する

ということも考えられています。

断食とがんのまとめ

前述のロシアの医療機関では、断食のガンへの効果が否定されていましたが、
こちらの病院で行われる最大40日間の断食プログラムに於いてのがんへの効果に限定した見地かと思われますし、
断食とがん細胞に関して言えば、断食し続けることは不可能ですので、小食、ブドウ糖を減らす、断続的な断食といった方法の、長期的目線のように捕らえられます。

ですので、正確には
断食ではがんは治らない(ガンが完治する前に餓死する!)
断続的断食や小食、ブドウ糖を減らしケトン食へシフトすることで生命をいじしつつガン細胞を減少させるというところでしょうか。

参考文献:
「食べない」健康法 (PHP文庫)

ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!―今あるがんが消えていく『中鎖脂肪ケトン食』

 - 断食 効果 , ,

記事下

スポンサードリンク

記事下

スポンサードリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SEO