断食 一週間

自宅でできる一週間断食の方法や回復食のメニューなどを紹介

*

断食 ロシア

      2016/11/22

世界ふしぎ発見!を発端に、「信じられない!」「すご過ぎる!」と驚きを巻き起こしたロシアの絶食療法についてまとめました。

断食 ロシア

ロシアでも断食でダイエットしたり、体調不良を改善したりと言った絶食療法が行われる施設があります。
バイカル湖付近、ロシアでもモンゴルに近いあたりのゴリャチンスク病院が、ロシア版断食道場に当たり、世界ふしぎ発見!で紹介されました。
そこでは患者さんの状態に合わせて最長40日間もの本断食が医師の管理のもと行われ、

—————————–
@一日2リットル近い蒸留水を摂る
@サウナ
@ヨガ
@ウォーキング
@マッサージ
—————————–

などを取り入れてダイエットするようです。

こちらの病院の断食は、絶食期間などの程度の差こそあれ、日本の断食道場とほぼ変わらない印象を受けました。
また、このゴリャチンスク病院が、国はロシアとはいえモンゴルに近く、アジア系民族である親近感から「ほぼ変わらない」という印象に繋がるのかも知れません。

ロシア式断食のメカニズム

この、ロシア式断食のメカニズムは低糖質ダイエットでも良く知られる「ケトン体」がキーポイントになってきます。

絶食すると、体のエネルギー源であるブドウ糖が体内からなくなります。
すると、次第に不足したブドウ糖を補うように、体内では脂肪がケトン体に変換されるようになります。
そして、このケトン体がブドウ糖に変わるエネルギー源として使われるというメカニズムで脂肪が減少していきます。

ですので、
ブドウ糖がなくなり、ケトン体に切り替わる丁度、絶食4日目が最もキツく、ここで挫折する人も多いとか。しかし、これを乗り切ることができれば随分ラクになるそうです。

余談ではありますが、
このロシア式断食は2013年10月に世界ふしぎ発見で取り上げられましたが、更にその後の2015年1月放送の世界ふしぎ発見にて、ココナツオイルの摂取によって、ケトン体が作られやすい体質になることが報告されていました。

スポンサードリンク

ロシア式断食の効果

ゴリャチンスク病院では、この絶食療法の効果として以下の症状の改善を挙げています。

■気管支系
■心臓・血管系
■消化器系
■内分泌・免疫系
■うつ病

しかし、一方で、以下のような疾患には効果がないとされています。
■ガン
■結核
■I型糖尿病
■慢性肝炎
など

こちらの病院ではガンへの効果がないとされていますが、
ケトン食の研究においては、ガン細胞への効果が謳われており

ロシア正教 断食

また、ロシアでは、ロシア正教が5月5日イースターの7週間前から断食をするという習慣があるようです。
こちらの断食は、絶食ではなくて「肉、魚、卵、乳製品を絶つ」という断食のようです。
7週間のうち、一番キツいのが最初の1週目と最後の週だとか。
野菜や炭水化物をメインに、アイスやチョコバーなどを食べてもOKだというので、こちらは少し
ダイエットとは趣旨が違うかも知れませんが、「肉食」をやめて内臓を休ませるのかも知れませんね。

 - 断食 効果 , ,

記事下

スポンサードリンク

記事下

スポンサードリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SEO