断食 一週間

自宅でできる一週間断食の方法や回復食のメニューなどを紹介

*

断食 一週間

      2016/11/22

自宅で一週間の断食を考えるとき、参考になるのが断食道場のプログラム。

道場では1週間コースが人気があるようですが、調べてみると、実際に断食しているのは最初の3日間で、あとの3日は回復食に使われ、最終日は通常食とチェックアウトのようです。

回復食は断食の要であり、一般に断食した日数と同じ時間をかけて食事を通常の食事に戻していくわけですが、これも道場入所以前の暴飲暴食に戻してよいという意味ではありません。

以上のことをふまえて、これから一週間の断食を成功させましょう~。

<目次>———–
断食 一週間のやり方
断食 一週間で何キロ?
一週間断食の回復食
断食一週間と仕事
断食 一週間の効果

スポンサードリンク

断食 一週間のやり方

方法は至ってシンプルです。
水分は十分に採って、食事はしません。

1週間を予定しているのであれば、前述のように、実質食事を全く採らないのは3日間だけで、あとの4日は回復食を頂くというスケジュールになります。

最初の三日間は、多少のカロリー摂取はOKで、ニンジンとリンゴのフレッシュジュースや、黒糖を溶かした生姜湯、酵素ドリンクなどを適宜飲むといった道場も複数見られます。

フレッシュジュースなどの飲み物OKって、ちょっと気がラクになりますよね?
やり方は本当にシンプルなんです。

もちろん、水だけで1週間!といったハードな施設もあるようですが、医師の監督下だからできる方法だと思いますので、自宅で行う場合はそのような絶食はお勧めできません。
ですので、ここではあえてハードなものは紹介していません。
※断食中によく用いられる飲み物については後ほど記載します。

断食 一週間で何キロ?

道場で実施の場合は、2,3キロの体重減が見られるようですが、個人差があるようです。

一週間も辛い思いをしてたった1キロ!?という方もいらっしゃるようですし、その人の開始前の排便具合や水太り、体脂肪率などによるところが大きいと思われますので、個人差が出るのは仕方がないんでしょうね。

ただ、便通が良くなった人は、おなか周りがスッキリし、ウエストのサイズダウンが実感できるでしょうし、ムクミが取れれば足首周まわりなどのサイズダウンも期待できそうです。

特に、道場で宿泊の場合には、とりたててする事もないので、マッサージを受けたり、セルフマッサージしたりして時間を費やす・・・といったケースがあるのもムクミが取れる理由のひとつかも知れませんが。
※マッサージなどのサービスの有無は道場によってまちまちのようです。

一週間断食の回復食

回復食は食事を採らなかった日数と同じか、それ以上の時間をかけて行うのが成功のカギといわれています。

胃腸に負担をかけないよう量を徐々に増やすとともに、食事内容も、まずは炭水化物から、たんぱく質や繊維質のものは仕上げの段階で・・・という食事に移行していくのが基本のようです。
メニューがイメージできないときは赤ちゃんの離乳食を参考にすると、レシピが考えやすいかも知れません。

では、メニューを紹介します。
ここでは伊豆のとある断食道場を参考にしていますが、そこでは退院に至るまで回復期の昼食は出ないようです。

回復食1日目(一週間断食4日目)
ごっくん期(滑らかにすり潰した感じ)
朝:おもゆ(ご飯粒の姿が見えないほどの液体)
  具なし味噌汁
  梅干(小サイズ)
夜:おかゆ(わずかにご飯粒の形跡が見える程度)
  麩の味噌汁(お麩も3粒程度)
  梅干(小~中サイズ)

2日目
もぐもぐ期(舌でつぶせるほどのメニュー)
朝:五分がゆ(姿のあるご飯粒と液体で半分ずつ程度)
  豆腐の味噌汁
  梅干(中サイズ)
  りんごとニンジンのシャーベット
夜:全粥(一般的な普通のおかゆ)
  くるま麩と豆腐の煮物
  ジャガイモの煮物
  梅干(大)

3日目
カミカミ期(バナナの固さならOKな程度)
朝:うどん
  5分挽き米のおにぎり
  シャーベット
夜:自然食のフルコース(量は控えめ)

4日目(最終日)
ぱくぱく期
朝:玄米
  味噌汁
  ひじき
  ニンジンのおひたし
  シャーベット
  天然酵母パン

以上がメニュー例になりますが、いかがですか?
イメージはできますでしょうか?

固さと量、繊維質とたんぱく質は後半に

という基本のほかに、
なるべく自然な身体にいいと思われる食材のメニューというところもポイントかと思います。

本当に、あかちゃんと同じ。
赤ちゃんに化学調味料てんこ盛りの離乳食を食べさせたくないですものね。

断食一週間と仕事

仕事をしながらの断食は職場でランチのお誘いなどもあり、回復期が難しいかも知れません。

しかし、実質食べないのは3日間だけですし、回復期では昼食を採らないため、よくランチを一緒にする会社の仲間に断食中であることを宣言してランチをお断りするなど、お昼を乗り切れば可能と思われます。

働いている場合は金曜の夜から食事を抜くのがお勧めで、実際、上記メニューの道場でも前日の夕食を抜いてくるように指導しているようです。

翌土日から、お通じが良くなるケースがしばしば見られますので、スタートはやはり週末が好ましいと思われます。
特に酵素ドリンク併用であれば、初日はかなり「出る」と予想されますので、友だちとの外出などの予定はないほうが向いています。

また、断食中だからといって、ずっと横になって安静に・・・と勘違いされる方があるようですが、道場では掃除をする、散歩するといった身体を動かすことが推奨されているようです。

実際に、散歩をするなどの刺激がある方が空腹感を忘れてしまいますし、むしろ、食事を抜いたら不思議と元気が出てきた・・・という経験をする人も少なくありません。
※筆者もその一人です^^;

しかし、気をつけたいのは体調不良です。

断食をして、普通にはしていられないほどの激しい吐き気や頭痛などで襲われる人がいるようですが、その場合は速やかに断食を中止し、医師の診察を受けることを強くお勧めします。

特に、開始3日目、4日目がしんどいようですが、断食をしてはいけない人の目安についてコチラの記事断食してはいけない人で記載しています。

断食 一週間の効果

無事に断食+回復期で一週間を終えての効果は、ダイエットというよりもデトックス、体質改善と捕らえたほうが良いかもしれません。

「出す」ことによるお腹まわりのスッキリ感や、胃腸を休めることによる体調改善(腸の周りには免疫に関わる細胞がたくさんあるそうです)が効果として、挙げられます。

できるだけ添加物などのない自然な回復食を採ることで、この1週間にとどまらず
*食事に気をつけるようになった
*食事量が適正になった
といった生活改善に繋がるケースも多いようです。

単に体重だけに着目すると、淋しい結果ということがあるかも知れませんが、1週間チャレンジしたあとは、週末にプチ断食を取り入れたりしていくなどする事もラクに感じられます。
また断食して身体が活性化したような感覚を味わいたいな・・・と思うことさえありますよ。

最後に、
気をつけたいのが、単なる体重減目的だけの断食です。

目標通り2,3キロの体重が減ったという結果に浮かれて、
回復期の食事をいい加減にしたり、
通常食解禁だからと嬉しくなってカラアゲやピザなどカロリー、油の多いものをガツガツ食べてしまうと、元の木阿弥ですので気をつけましょう~。
※これも、著者経験済み・・・・orz

失敗しない自宅断食なら、1食、2食の置き換えファスティングを行うのが安心かもしれません。
こちらの酵素ドリンクサイトが参考になりました↓
短期間ファスティングで溜まった汚れとサヨナラ!!

 - 断食 一週間 , ,

記事下

スポンサードリンク

記事下

スポンサードリンク

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

SEO